【日常】妊娠記録01-多嚢胞性卵巣と妊活

妊活の為ピルをやめる

 私たち夫婦はともに子供が欲しかったのですが、私は若いころ多嚢胞性卵巣だということが分かり、症状緩和とガン予防の観点から10年近くピル(ルナベルLD)を服用していました。

 結婚が決まった時、主治医に「私は妊娠できるでしょうか?」と相談したところ、ピルをやめれば特に治療せずとも妊娠の可能性はあるとのことで、まずは様子を見ることになりました。

 生理は割とすぐに戻り、最初のうちはだいたい1ヶ月周期で来ていましたが、半年過ぎたあたりで元通りになってしまいました。いつ来るのか分からず、重たく痛み、ちゃんとした出血もあればよく分からない出血が長く続くこともある生理不順の状態です。

不妊治療の検討

 観念して引越し先で新しく婦人科にかかり検査したところ、意外なことに「ギリギリ正常の範囲」とのことでした。そのためその場では一旦何もせず、数ヶ月後の新婚旅行から帰ってきたタイミングで本格的にアクションを起こすことにしました。

 不妊の定義は1年。仕事がら夫は月の半分ほどは不在なのですが、それでも結婚して1年を迎えた頃私は憂鬱でした。もともと妊娠し辛い体質だと思っていたし、周囲の人はみな「まだまだこれから!たった1年でしょ」と言ってくれるけど、もう無理そうだと諦めていました。夫も内心、不妊治療が必要かも、と思っていたみたいです。

 それから数週間後、夫の仕事の都合で1年ほど延期していた新婚旅行へ。私は初めての海外旅行だったので、気持ちを切り替えて憧れていた南国を満喫して帰ってきました。帰国後は『ああ、来月から病院行って、これからのこと話し合わなきゃなぁ…』と思っていました。

YOSHIKUNI
YOSHIKUNI

 新婚旅行はグアムへ行ったのですが、出発数日前から喧嘩しまして出だしは最悪…。先行き不安でしたが中日あたりで無事仲直りでき、後半は思いっきり楽しんできました。日差しは思ったほどではなくて、夏の関東の方が厳しいような気がします。


広告

排卵日・妊娠検査薬のセット … 私は生理不順だったので、予測がつきませんでした


旅行予約サイト … 自分の体調にあった気候の場所でリフレッシュするのがすごく良かった

管理栄養士監修の妊活サポートサプリ … 葉酸って、妊活中から飲むのが良かったらしい


妊活サプリ福袋 … 自分だけ頑張っても難しいし、飲みやすさも気になるから福袋は嬉しい


妊活サポート3点セット … 事前に準備しておくと焦らなくてよかったかも



コメント